伊那を拠点に住宅の設計監理をメインに活動しております建築設計事務所です。


by ATELIER15
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

b0146238_18535318.jpg

~現場監理 照明器具割り付け~

ダウンライトなど天井埋め込み照明器具の場合、

取付け位置を決めて穴を開けます。

照明器具の最終確認と同時に、

開口位置を適格に現場に伝えます。

+++++++++++++++++++++++++
by atelier15 | 2011-04-28 18:54 | はじめての家づくり
b0146238_1833262.jpg

~現場監理 金属建具工事 その01 サッシ取付け~

サッシは断熱サッシを出来る限りお薦めしています。

現在、各メーカー主流なのは樹脂+アルミの複合サッシです。

すべてアルミ製の場合、結露し易いのですが、

樹脂との組み合わせにより結露しにくい構成になっています。

硝子もいろいろな種類があります。

窓が取り付くと内部はとても暖かくなります。

今のサッシは本当に高性能ですね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
by atelier15 | 2011-04-27 18:33 | はじめての家づくり
b0146238_19173295.jpg

~現場監理 断熱工事 その03 屋根断熱施工~

屋根の断熱材のひとつに、現場発泡ウレタンがあります。

壁同様、隙間なくしっかり吹き付けられます。

冬は暖かく、夏は外部熱を遮断します。

外壁にも、屋根にもさらに通気層を確保し、

快適な家づくりを目指します。

+++++++++++++++++++++++++++++++
by atelier15 | 2011-04-25 19:17 | はじめての家づくり
b0146238_17562731.jpg

~現場監理 断熱工事 その02 壁断熱施工~

断熱材には様々な種類があります。

そのひとつに現場発泡ウレタンがあります。

この断熱材の特徴として施工はスプレーガンで吹付けます。

気密性に優れ、コストもお手ごろです。

断熱材の厚さにより、断熱性能が変ります。

厚さの確認は専用の差しピンで確認できます。

++++++++++++++++++++++++++++++
by atelier15 | 2011-04-22 17:56 | はじめての家づくり
b0146238_18411655.jpg

~現場監理 断熱工事 その01 床下断熱施工~

床下断熱は外壁や屋根の断熱材同様重要な部分です。

床暖房を設置する場合でも、床暖房の熱を逃がさないためにも

しっかりチェックし、工事記録写真を撮ります。

+++++++++++++++++++++++++++++
by atelier15 | 2011-04-21 18:42 | はじめての家づくり
b0146238_18252942.jpg

~現場監理 屋根工事 その06 屋根まわりのチェック~

屋根まわりのチェックは足場のあるときしかできません。

外壁工事が完了すると、すぐに足場は解体されます。

足場のあるうちに目視で建物一周りしてチェックします。

不備があればすぐ工務店にお願いします。

足場に登るときはヘルメットは不可欠です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++
by atelier15 | 2011-04-20 18:26 | はじめての家づくり
b0146238_1727071.jpg

~現場監理 屋根工事 その05 トップライトについて~

トップライトは屋根に付ける窓。

既製品には様々なタイプがあります。

窓が開かないタイプ。開閉し換気が出来るタイプ。

雨が降り始めるとセンサーが感知して自動で閉まるタイプまであります。

トップライトは普通の壁窓に比べ明るさが建築基準法では3倍で換算しますが、

実際はそれ以上あります。

トップライトの優れているところは、例え北側につけても十分な明るさを

確保できるところです。

太陽が直接当たるところでは、太陽光がまともに入るのを防ぐため、

トップライト専用のブラインドなどがオプションであります。

トップライトは使い方により、魅力のある窓です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
by atelier15 | 2011-04-18 17:28 | はじめての家づくり
b0146238_18571133.jpg

~現場監理 屋根工事 その04 屋根からの暑さ対策~

夏の屋根から伝わる暑さは室内に大きな影響を与えます。

いかに屋根の熱をシャットアウトするか。

ひとつは、断熱材を入れる対策、

もうひとつは、屋根裏に空気の流れを起こさせる対策があります。

軒先、外壁から屋根頂部の気抜け設置により空気の流れを起こします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
by atelier15 | 2011-04-15 18:57 | はじめての家づくり
b0146238_20502295.jpg

~現場監理 屋根工事 その03 太陽光パネル設置に適した屋根形状~

太陽光パネル設置に適した屋根は、

1、南向きの屋根
    ⇒効率がよい向き

2、屋根勾配
    ⇒太陽との効率のよい角度

3、屋根材の素材
    ⇒太陽パネルのメンテナンスにかかわる

4、屋根面積
    ⇒発電量の確保に影響

が大きく影響してきます。

はじめから、パネル設置を考えた場合は、

屋根材の下地から配慮して計画しましょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++
by atelier15 | 2011-04-14 20:51 | はじめての家づくり
b0146238_1144333.jpg

~現場監理 屋根工事 その02 屋根材について~

屋根材は、瓦、スレート、金属が主流です。

瓦は昔からなじみのある材ですね。

スレートは天然(石の薄い材)と人造(セメント系)のものがあります。

金属は、銅、トタン、ガルバリウム鋼板などあり、

最近ではガルバリウム鋼板が多いですね。

アトリエ15でお薦めしているのは、

ガルバリウム鋼板です。

耐候性に優れ、何といっても軽量であることが魅力です。

耐震を考えますと、屋根材の軽量化は必須です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++
by atelier15 | 2011-04-13 11:05 | はじめての家づくり