伊那を拠点に住宅の設計監理をメインに活動しております建築設計事務所です。


by ATELIER15
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

対面式キッチンには、セミオープンとフルオープンのタイプがあります。

セミオープンは吊戸棚や袖壁などがあるタイプです。

フルオープンは、吊戸棚や袖壁などがなくレンジフードだけがあります。

キッチンメーカーでは、デザインされたレンジフードが数種類あり、

見た目もお洒落な商品がでています。

このレンジフードもなくしてスッキリしたい場合、壁面排気という選択もあります。

壁面排気は、壁の排気口のみで、換気扇本体は外壁に取付ます。

IHヒーター対応の商品もあり、見た目もスッキリしています。

b0146238_22555098.jpg
by ATELIER15 | 2009-09-30 23:00 | 住宅キーワード
b0146238_20433250.jpg
毎日生活する住環境は、子どもの成長に大きな影響を与えます。

子供が成長するにつれ、生活スタイルも変わっていきます。
家を建てるときは、ついつい現在の生活スタイルで考えてしまいがちです。
子供は成長するにつれて、生活スタイルも変わっていきます。

子供が大人になるまでのライフステージは、大まかに次のように分かれます。

1、乳幼児期(赤ちゃんから保育・幼稚園まで)
2、学齢期Ⅰ(小学校)
3、学齢期Ⅱ(中学校・高校)

子供の成長スタイルを考えた家の設計をするというとは、
将来の子供のライフステージを見据えた設計をすることである 』と言えます。

詳しくはアトリエ15HP⇒ 子供の成長を考えた家をご覧ください。
by ATELIER15 | 2009-09-29 20:47 | 住宅キーワード
伊那市S邸の現場監理に行って来ました。
現在、地盤補強工事中です。
地盤調査の結果、表層改良工法で地盤補強をします。
b0146238_21354416.jpg

新築する土地に地耐力があるかないか、地盤調査をすることは、
家づくりでは基本中の基本です。
いくら建物を強固に建てても、地盤が軟弱では意味がありません。
既存建物が建っていたから大丈夫と判断することはたいへん危険です。

地盤調査の方法として、一般に「スウェーデン式サウンディング試験」があります。
アトリエ15では、さらに精度の高い「表面波探査法試験」で調査を依頼しています。
地盤調査の結果、地耐力不足の場合、その土地に適した補強方法を検討します。

<地盤補強の種類>

表層改良工法: 支持層までの軟弱層が2m以内の地盤に適した改良工法。
           既存の土とセメント系固化材をカクハンして固めます。

柱状改良工法: 支持層までの軟弱層が8m以内の地盤に適した改良工法。
           セメントミルクを注入しカクハンして柱状の改良杭をつくります。

鋼管杭工法:  支持層までの軟弱層が30m以内の地盤に適した改良工法。
           鋼管杭を支持層まで打ち込みます。

軟弱地盤の程度によりますが、改良工事をせずに基礎設計で済む場合もあります。
家を建てる前に必ず地盤調査をすることをおすすめします。
by ATELIER15 | 2009-09-28 21:42 | 伊那市 子供の成長を考えた家
松本平の家では、リビングルームの壁に珪藻土を使用しました。

珪藻土とは、藻類(プランクトン)の化石です。

調湿性、ホルムアルデヒド不使用の健康素材です。

床の無垢板と質感がよく合います。

自然素材を使った空間は、上手に歳を重ねていきます。

b0146238_10344542.jpg
松本平の家について⇒ 詳しくはこちらからどうぞ!
by ATELIER15 | 2009-09-27 10:39 | 住宅キーワード
床仕上げ材に、フローリングがあります。
フローリングは、木質系床仕上げ材です。
新建材で表面を強化コーティングした傷が付きにくい商品もあります。
ほとんどのメーカーがこの新建材を使用していると思います。

個人的に私は、床に無垢板を張る仕上げが好きです。
新建材フローリングの中には、無垢板に表面を強化コーティングしたものもありますが、
ほとんど、他と同じに見えます。

無垢板張りのメリット・デメリット

メリット
1、素足で歩いた時、温もりが伝わってくる。
2、呼吸している。
3、木の自然な質感があり、落ち着く。
4、無害。

デメリット
1、傷が付き易い。
2、シミになり易い。
3、自然の木のため、伸縮により隙間ができる。

新建材フローリングのメリット・デメリット

メリット
1、傷が付きにくい。
2、シミになりにくい。
3、伸縮が少ない。

デメリット
1、素足で歩いた時、冷たい。
2、呼吸していない。
3、人工的な質感があり、テカテカしていて落ち着かない。

両方とも、一長一短ありますが、無垢板をお勧めしています。
部屋の雰囲気はぜんぜん違います。
b0146238_22375671.jpgb0146238_22381416.jpg
床に無垢板を使用した自然な仕上がり
by ATELIER15 | 2009-09-24 22:41 | 住宅キーワード

地鎮祭

伊那市S邸の地鎮祭を行いました。

いよいよ工事のスタートです。

地縄張りをして、お施主さんに建物の位置確認をしてもらいました。

今日は大安と日も良く、雨も降らず良い地鎮祭となりました。

b0146238_2122387.jpg
by ATELIER15 | 2009-09-22 21:24 | 伊那市 子供の成長を考えた家
住宅設計において、収納スペースを確保する工夫はかかせません。

スタディーコーナーの床下に引き出しを設けました。

引出には滑車がついていて奥まで有効に使えます。

ちょっとした工夫で収納スペースができます。

有効活用を考えるもの設計の仕事です。

b0146238_14454439.jpg
by ATELIER15 | 2009-09-20 14:46 | 住宅キーワード

エコハウス?

先日、植物に囲まれたエコハウス?を見つけました。

中に入って見ると、なかなか居心地は良かったです。

地震にも強そうです。

竪穴式住居にも見えます。

b0146238_16131277.jpg
by ATELIER15 | 2009-09-16 16:13 | その他

解体工事

昨日、伊那市S邸の解体工事現場に行って来ました。

想い出の家が解体される時はさみしさを感じます。

しかし、新しい家づくりがはじまるスタートでもあります。

b0146238_16274770.jpg
by ATELIER15 | 2009-09-11 16:28 | 伊那市 子供の成長を考えた家
先日、安曇野の「蔵久」に行って来ました。

蔵久は「かりんとうの久星」さんのお店です。

旧民家を改修したお店です。

民家の庭もたいへん立派で、落ち着いた空間になっています。

トンボがたくさん飛んでいるのが印象に残りました。

b0146238_05034.jpg
b0146238_05121.jpg

b0146238_052824.jpg
b0146238_054097.jpg

by ATELIER15 | 2009-09-05 00:07 | 建築探訪